メールレディ求人

メールレディ求人について

メールレディとは在宅で男性とメールをするだけのお仕事です。

 

メールレディは在宅で自身の空いた好きな時間に内職感覚で稼げるという事で
専業主婦や子供が小さいママさん、シングルマザーが多いようです。

 

内職と同じ感覚で仕事ができるメールレディですが
割り箸を袋に入れる内職や、医療機器を組み立てる
普通の内職とは比にならないほど高額な報酬になっています。

 

普通の内職との相違点としてはメールレディの応募条件として
当然ですが女性である事、そして携帯電話を所有しているという点があります。

 

メールするだけなら女性でなくても男性でも業務可能ではないかと思われる方もいると思いますが
現在ほとんどのメールレディの求人は、応募の際に身分を証明できる書類をカメラ撮影して送るという
応募システムを採用しているため男性ではメールレディは不可能です。
また、報酬の振込先の銀行口座名義人が男性だった場合NGというところもありますので
結果として女性でなくてはメールレディの仕事ができないのが現状です。

 

肝心のメールレディ求人の報酬の相場ですが、

メール1通当たり30〜35円が妥当なところです。
しかし、アダルト内容のメールありのメールレディ求人になりますと、
メール1通当たり100円という高額報酬のメールレディ求人もあります。

 

男性とメールをする際には、自身のアドレスがメール相手の男性に
バレたりしないかと心配される方もいるようですが、
男性とのメールは直接する訳ではありませんのでその心配はありません。

 

業務の際の男性とのメールのやり取りはメールレディ求人を扱っている管理サイトを通して行われます
メールをやり取りした送受信の数、報酬の管理もその管理サイト行われておりますので
その点も安心して業務に取り組めます。

 

メールレディで稼がれている女性の多くは在宅での時間をつくれる
専業主婦やシングルマザーなのですが、気になる月収のほう…
多い方ですとメールレディ求人のみ月収100万近く稼がれている方も
珍しくはありません。

 

そのようなメールレディ求人を選ぶ際の注意点をいくつか紹介します。

 

メールレディ求人はインターネットで調べても分かる通り多くのもの存在します。
当然、メールレディ求人の管理サイトも良し悪しで、
安定的に稼げて、給料体系もしっかりとしているところから
こなした分の給料が支払われずに未払い状態が続くところまで様々なです。

 

せっかくメールレディの仕事するなら確実に稼げてメール単価の高いメールレディ求人が良いですね!

 

当サイトでは、メールレディで仕事をする上で効率的な求人の探し方
メールレディ未経験者の方に少しでもお役立ち頂けるお役立ち情報を紹介しています。

 

当サイトのコンテンツが、メールレディをお考えの方々に少しでもお役にたてれば幸いです。

 

メールレディ求人応募について

 

メールレディの求人応募の条件、資格、給料のお支払いは以下になります。

 

求人応募の際に必要なもの

 

以下の中からいずれか1点をカメラ撮影した画像

 

・免許証
・パスポート
・住基台帳カード
・保険証

 

上記以外の書類しか用意できない場合もメールにて相談可能。

 

 

応募資格

 

20歳〜50歳の女性であれば応募可能。
携帯電話、スマートフォン、i-phoneのいずれかを所有している事。

 

 

給料のお支払い日

 

精算可能額5,000円以上に達した時点でいつでも精算可能

 

メールレディ管理・運営会社によっては3,000円〜という会社もあります。

 

 

メールレディの求人・運営会社の具体例

 

給料単価の比較

メールレディ運営管理会社A

メールレディ運営管理会社B

メールレディ運営管理会社C

 

メール:1通30円

 

TV電話通:1分85円〜120円

 

音声通話:1分50円〜70円

 

メール:1通35円

 

TV電話通:1分90円〜120円

 

音声通話:1分50円〜70円

 

メール:1通35円

 

TV電話通:1分85円〜120円

 

音声通話:1分50円〜70円

 

上記を比較してみると、一見、運営会社Aに対して運営会社B,、運営会社Cのほうがメール一通当たりの報酬が高いと
思われがちですが信頼度や運営実績は運営会社Aのほうが圧倒的に高く、給料の支払い体系なども
運営会社Aのほうがスムーズであるという口コミもあります。

 

メールレディの求人に応募を決める際には、ただ単にメール単価が良いから…
という理由だけで決めてしまうのではなく、
例えば、運営実績や運営管理会社の口コミ…メールレディを抱えている規模などもチェックした後で
納得した上で応募する事が適格といえるでしょう。

 

 

運営実績、給料の支払い日の比較

メールレディ運営管理会社D

メールレディ運営管理会社E

メールレディ運営管理会社F

 

運営実績:13年

 

給料のお支払い日:精算可能額5,000円
以上に達した時点でいつでも精算可能

 

運営実績:11年

 

給料のお支払い日:精算可能額5,000円
以上に達した時点でいつでも精算可能
自動精算の場合は毎月2日にお支払い

 

運営実績:5年

 

給料のお支払い日:精算可能額3,000円
以上に達した時点でいつでも精算可能

 

こちらは一見、運営会社Fが精算可能額が3,000円と低く、いつでも精算可能と非常に
好条件に思われる方もいるかと思いますが、運営実績5年というのはもっとも怖いところです。

 

なぜなら、運営開始から5年目〜6年目に入る前に閉鎖してしまうメールレディの運営会社が
非常に多いというデータが出ているからです。

 

メールレディの人数が多く、仕事もあるという広告を露出しておきながらも
実態は運営するのも一苦労でメールレディに支払い給料すら危うい経営状況の
会社もありますので、運営5年前後のメールレディ管理・運営会社にはもっとも注意が必要です。

 

もちろん、メールレディの管理運営者が閉鎖してしまった場合、
当然ながら報酬も支払われず泣き寝入りという事になります。

 

上記の運営会社を比較した場合、やはり運営実績10年以上の運営会社Dか
運営会社Eが無難なところでしょう。

 

ここまで解説してきましたように、メールレディの求人に応募する際には、
目先のお金を観るだけでなく、運営実績リアルな口コミ情報
チェックしておく必要があります。